自動車の処理方法

自動車のリサイクル方法

トップ

自動車のリサイクル法

自動車リサイクル法、正式には「使用済み自動車の再資源化等に関する法律」として平成17年1月から施行されました。もともと車は約80%はリサイクルされていました。シュレッダーダスト(解体後に残るゴミ)の埋立地などの処分場が不足してきたこと、カーエアコンの冷媒に利用するフロン類の処理が問題になってきたことなどが背景にあります。このリサイクル法では、リサイクルにかかる費用を所有者が購入時に負担します。リサイクルを行うのは製造業者が担当。使用済みの車から発生するフロン類、エアバッグ類およびシュレッダーダストを引き取りリサイクルします。解体業者、破砕業者に委託して、車のほぼ全てをリサイクルします。

タイヤ

どうやってリサイクルするのか

自動車のエアコンに使われるフロンガスは適正に処理しないと地球温暖化の元凶になるほか、解体処理する際に出るシュレッダーダストも不法投棄のおそれがあります。そこで、メーカーなどにこうした廃棄物のリサイクルを義務付けるとともに、処理費用を所有者に負担させる法律が「自動車リサイクル法」です。リサイクル料金は車種により異なり、普通車の場合おおむね数千から1万数千円で、各メーカーのホームページなどから調べることができます。リサイクル法に基づくリサイクル料金を支払うと、その証拠として「リサイクル券」が交付され、これは車検や中古車売買の際に必要となります。なお、中古車を業者に売却し、リサイクル券を同時に引き渡したときは、過去に支払ったリサイクル料金は手元に戻ります。

© 自動車のリサイクル方法. All rights reserved.